本場ケフィアのリーディングカンパニー 日本ケフィア株式会社

抗酸化作用紫外線を照射した細胞中の活性酸素濃度低下作用に関する実験

紫外線照射直前に、下の段のみNKGケフィアを与えました。紫外線照射直後、5分後、10分後の細胞中の活性酸素濃度を観察しました。 結果、NKGケフィアを与えた細胞は、時間の経過とともに活性酸素濃度が低下していることが分かりました。 NKGケフィアは、紫外線による障害から細胞を修復し回復させる作用があることがわかりました。

 

page top