本場ケフィアのリーディングカンパニー 日本ケフィア株式会社

免疫活性作用NKGケフィア投与による免疫活性に関する実験

唾液S-IgAは、唾液中に分泌されるIgAの一種で、粘膜面においてウイルス・細菌・花粉などの接着・ 吸収抑制作用など極めて重要な生体防衛機能を担っています。

NKGケフィアの摂取により、唾液S-IgA量の有意な上昇がみられ、粘液面での免疫活性作用があることがわかりました。

 

page top